メニュー

ペインクリニックとは

painclinic_01 ペイン(pain)は「痛み」を意味する英語で、クリニック(clinic)は診療所を意味します。ペインクリニックとは「痛みの診療所」と言えます。しかし外来だけでなく、入院治療も行いますので「疼痛治療科」とも呼ばれます。高度先進医療を行う大学病院などでは「ペインセンター」と称しているところもあります。何れにしても基本的には保存的治療を中心とし、痛みの改善による早期の社会復帰、QOL(生活の質)やADL(日常生活動作)の改善を目指します。日本のペインクリニックは、神経ブロックを中心に治療してきた歴史がありますが、当院では薬物治療、リハビリテーション等を並行して治療にあたります。原因を問わず痛みで困っている患者さんを診察・治療する診療科です。

歴史

 日本では1960年代に痛みに特化した治療が麻酔科医を中心にして行われるようになり、ペインクリニック研究会が創られ1985年「日本ペインクリニック学会」に改名されました。
 1989年より認定医制度が設けられ2006年9月より専門医制度に移行しました。ペインクリニック学会が認定する専門医は平成25年で全国:1500人を超え、300以上の指定研修施設があります。当院も指定研修施設です。2007年8月からは「ペインクリニック専門医」の広告が厚生労働省より許可され痛みの治療の専門的な診療科として知られてきました。当院には専門医が3名在籍しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME