メニュー

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

1.睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?SAS疑い

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなることにより日常生活にさまざまな障害を引き起こす疾患です。
一般的にSASの重症度はAHI(Apnea Hypopnea Index)無呼吸低呼吸指数で表します。AHIとは1時間に10秒以上の無呼吸・低呼吸(呼吸が浅くなる・弱くなる状態)が発生する回数を示すものです。
AHIが5回以上認められ、日中の眠気などの症状がある場合に、AHI15回以上では症状がなくてもSASと診断されます。

 

SASの主な原因

いびきをかくということは?

いびきは、睡眠中に空気の通り道(咽喉(のど))が狭くなり、そこを空気が通る時にのどの壁が振動することによって生じる音です。つまりいびきをかくということは、気道が狭くなっている証拠といえます。

なぜ気道が狭くなるのか?

健常人でも仰向けで寝ると、重力により舌や軟口蓋が落ち込み、気道が狭くなります。睡眠時は、のどの周囲の筋肉の緊張もゆるみがちになります。
①筋力の低下(加齢)、②舌が重い(肥満)、③顎が後退している、扁桃肥大がある、軟口蓋が長い(形態的問題)などの理由で気道がふさがったり、狭くなります。
また④口呼吸をしていると舌が落ち込みやすくなります。

 

SASの主な症状

夜間の症状

いびきがうるさい、呼吸が止まっている、寝汗をかく、寝相が悪い、何度もトイレに起きる・・・SASには、無呼吸の間いびきが止まり、あえぐような激しい呼吸や大きないびきとともに呼吸が再開するという特徴があります。あえぐような呼吸をするため、寝汗をかいたり寝相が悪くなります。また、夜中に何度もトイレに起きるなどの症状があります。

 

昼間の症状

倦怠感や頭が重い・・・
呼吸が止まっている間は、酸素欠乏状態にあるため起床時に頭の重さを感じることがあります。体を休めるための睡眠で酸素欠乏状態になるので、全身の倦怠感や不眠につながります。

日中の眠気・・・
SASは、無呼吸状態から呼吸を再開するたびに脳が覚醒するため睡眠が分断されます。本人に目が覚めた自覚はないのですが、深い睡眠が得られておらず、きちんと睡眠をとったつもりなのに実は睡眠はこま切れ状態に陥っているのです。

 

SASセルフチェック

 セルフチェック合計が3.0点以上の方は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性が高いです。
医療機関にて受診されることをお勧めします。

 

2.SASの検査とは?

検査の流れ

SAS検査の流れ

検査の種類

簡易検査

ご自宅で、指先センサと呼吸セmedical_cpap_kani_kensaンサをつけて血液中の酸素と呼吸の検査を行います。

評価内容
無呼吸による酸素の低下状態
無呼吸低呼吸指数(AHI)

 

ポリソムノグラフィー(PSG検査)

PSGPSG検査は睡眠の検査ではもっとも精密な検査方法になります。さまざまなセンサを装着する必要があるため入院をして行います。

評価内容
無呼吸による酸素の低下状態
無呼吸低呼吸指数(AHI)
睡眠の質
不整脈の有無
他睡眠障害の有無

 

3.CPAP(持続陽圧呼吸療法)装置による治療

CPAP療法(持続陽圧呼吸療法とは)

medical_cpap_mask_pollowCPAP(シーパップ)療法(持続陽圧呼吸療法)とはCPAP装置からホース、マスクを介して処方された空気を気道に送り、常に圧をかけて気道がふさがらないようにします。この療法を適切に行うことで睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、SASによる症状の改善が期待されます。CPAPは治療効果が高い治療法です。
CPAP療法は検査を行い一定の基準を満たせば健康保険の適応になります。

 

CPAP療法(持続陽圧呼吸療法)の効果

CPAP療法を適切に行うことで、睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、熟眠感が得られ目覚めもすっきりします。
治療を続けることによって、眠気がなくなる、夜間のトイレの回数が減るといったSAS症状の改善が期待されます。またCPAP療法による降圧(血圧を下げる)効果の報告もあります。視力矯正のために眼鏡を使い続けるように、CPAP療法も治療器を使用しなければ無呼吸はなくならず効果はありません。継続して使い続けることが重要です。はじめてお使いになる方は、治療器に慣れるまで2~3か月かかる場合があります。
SASの患者さんの心・血管系疾患による死亡率は2.2倍と高く、CPAP治療により一般の人と同じになります。

 

その他の治療法

口腔内装置による治療

マウスピース下あごを前方に固定して空気の通り道を開くようにする装置を装着し就寝します。口腔内装置の作成は、健康保険の適用になります。

 

 

生活習慣の改善

生活習慣の改善のみでSASを治すことは難しいですが、他の治療と組み合わせることでSASを軽減できます。また、少しでも良い睡眠がとれるように、眠りにつきやすい環境を整えることも必要です。

減量
肥満が原因でSASになっている場合には、効果があります。

横向きに寝る
少しでも重力の影響を受けないよう、体を横向きにして寝ると症状が軽減する場合があります。

減酒
アルコールは、のどの筋肉をゆるめる作用があるため、いびき、無呼吸を起こしやすくします。また寝つきがよくなることもありますが、夜中に目が覚めたり、浅い睡眠を増やす作用もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME